エッセイのたまご

このページは下書き記事です。これから加筆・リファインしてどこかにアップします。

その1 南方熊楠のこと

世界的博物学者と呼ばれる南方熊楠[1867-1941]

2013.02.20 Start

その2 孔子のこと

井上靖著 新潮文庫 い-7-36
やはり、この世に生れて来ただけのことはあった … そういうぎりぎりの倖せだけは、確保しなければならぬ(p. 412)
参考 http://blogs.yahoo.co.jp/kind_wakky/7117531.html

2013.02.20 Start

その3 本当のことが言えない (1)

事前の約束編

否定されるのが怖いので、本心で無い事を言う。言った事をやり遂げるる自信など最初から無い。言ったからには必死でやるという気も無い。

2013.02.21 Start

その4 本当のことが言えない (2)

失敗したとき

都合の悪い事はなかったことにしたい。ばれなければラッキー。気付いても目をつぶって欲しい。起こってしまった事は受け入れて欲しい。

2013.02.21 Start

その5 小さな白いにわとりの話

勤勉礼賛

小学校の国語の教科書、一年生で習うらしい。あんまり目くじら立てる事じゃないかも知れないけど、最近の「生活保護バッシング」につながる物がある、と感じるのは自分だけ?

2013.02.27 Start

その6 仲間はずれ

羽の色が違う鳥

野鳥の群れの中では偶然仲間と羽の色が違う個体が出ることがある。そのような個体は例え同じ種でも、仲間はずれになるらしい。(未確認情報)
他人と違っていたい、という願望と仲間はずれになりたくないという思いの葛藤。

2013.03.05 Start

その7 上司に恵まれない

面倒見てやりたい、と思われる人

仕事は一人でできるのが一人前、上司に面倒見て貰おうなどと言うのは甘え、という意見もある。その一方で良い上司に恵まれ、言われるままに仕事をしているうちに、仕事の仕方を身につけた、あるいは単に上司の仕事ぶりを見ているだけで要点を「盗み取る」ことができた、という体験談も有り。
反面教師として、あまりに酷い上司や同僚を見て「人のふりして我が振り直せ」というのもあるだろう。
なにはともあれ、「日頃よく面倒を見てくれる上司」、以上に頼れるのは行き詰まったときや選択に悩んだとき的確な一言をくれる上司や先輩。

2013.03.05 Start

その8 ISO9000は独創性を阻む

偶然のルール違反とセレンディピティ

決まった仕事を間違いなくやる事は大事。
時に「間違い」が大きな発見のきっかけとなる。

2013.03.06 Start

その9 三日坊主対策

途中で投げ出さないために

人間誰しも「中途半端は気持ち悪い」という感覚がある。
これを逆用して、中断するときはわざと区切りの悪いところで止める。

2013.03.06 Start

その10 読書メモ

日本の一番長い日 半藤一利

敗戦前夜8/14何が起こっていた。

2017.06.27 Start

その11 読書メモ

パーソナリティ障害 岡田尊司

自己愛性パーソナリティ障害

2017.06.27 Start

その12 読書メモ

大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争 (幻冬舎新書) 辻田真佐憲

そもそも参謀本部や軍令部は戦況を正しく把握していなかったのでは、2016.8 Amazonで購入(Kindle版)

2017.06.27 Start

その13 読書メモ

日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書) 中西輝政

日本のアイデンティティとは?

2017.07.01 Start

TOP (U/H5)